このコースは予約できません。
オンラインで利用可能

書きながら学ぶ:ノートルダム楽派のモード・リトミック(コンドゥクトゥス写譜)

4月2日(土)11h~13h|後追いビデオつき|中世カルミナ・ブラーナの1曲を書きながら学びます。受講時お手元に五線紙をご用意ください!

  • すでに開始:4月29日
  • 3,500円
  • 中世音楽センター

サービス内容

ゴシック体の美しいカリグラフィーに、四角いペン先を活かした黒々とした記譜。 重厚感あるノートルダム楽派の写本群ですが、モード・リトミックの特性や仕組みは、実際にこの記譜法でフレーズを書いてみるとよくわかります。 この講座では、丁寧に記譜法の基礎を教え、それぞれが実際に紙の上にリガチュールと呼ばれるこの時代の音符を書きとりながら、学んだことを確認できる2時間コースです。 実際にお手元の五線紙に、当時の記譜法でいくつかのフレーズを書きこみながら、モードリトミック記譜の特徴や、できること・できないこと、例外的記譜法の扱い方などを学びます。 vol.2では、当時のクラウズらやコンドゥクトゥスでもよく使われる、第2モード系のリズムについて、2種類の異なる記譜法を習得します。ひとつはクラウズラ、もう一つはコンドゥクトゥス。写本を書き写しながらリズムの記載を学ぶ写譜クラスです。 受講時はお手元に筆記用具(特にカリグラフィー用のものでなくても大丈夫です)と五線紙(一般的なもので構いません)をご用意ください。 ご予約者の皆さまには、中世音楽用の赤の五線をPDFにてメールでご共有いたしますので、そちらを印刷してお使いいただくことも可能です。

今後の予定